日本語教師でも日本語は難しい。

教案っていうほどのものではないけれど、ゆるく要点を書いていこうと思います。あとは授業の小話を書いていこうと思います。

十人十色

先生は学生に対して好き嫌いでものごとを考えてはいけません。
学生のタイプによって接し方を考えるのは大切だとは思いますが、好き嫌いで態度を変えてはいけませんよね。

ただ、学生の場合はどうでしょう。
人によっては嫌いだから、真面目に受けなかったり、教室外で会ってもあいさつをしなかったり、自分の好みで態度を変えることもあると思います。
そんなとき、どうして自分は嫌われるんだろうと思うかもしれませんが、それを考えていても答えはでません。本人に直接聞かない限り憶測でしかないですから。
考えすぎて、授業に影響が出るかもしれません。
それによって落ち込むもこともあるかもしれません。

でも、考えてみてください。
私たちが生活するときって、みんなに好かれますか?
そんなこともないですよね。何人かは自分のことを苦手だと思っている人がいるのではないかと思います。
学生の場合も同じです。教師も学生も人間ですから、合う合わないは出てくるでしょう。
だから、それを回避することは非常に難しいと思います。

それなら、最初から万人に好かれることは考えずに、自分の授業を確実にこなすほうが気持ち的にも授業的にもいいと思います。
いろんな人がいますから、気にしすぎず、授業をしていきましょう。
明らかに問題を指摘されている場合は別ですが。