日本語教師でも日本語は難しい。

教案っていうほどのものではないけれど、ゆるく要点を書いていこうと思います。あとは授業の小話を書いていこうと思います。

私ばかり

時間がないときに限って…とか、大切な日に限って…とか。

何かを特別に考えてしまうことってありますよね。

実際には何も特別なことはないかも知れませんが、その人にはそのように思えるのです。

学生にも似たようなことがあるようです。

 

私ばかり!

自分ばかり注意されているとか、無視されているとか、そんな風に考えてしまう学生もいるでしょう。しかし、実際には教師側で教える学生を選んでいるわけでもなく、選べるわけでもありません。

悪いことをすれば注意されます。それは当然のことです。ただ、それを自分だけを考えてしまった場合はその誤解を解かなければその後の学習に影響が出てしまうので、叱ったり、注意した後にはフォローが必要でしょう。

授業後に残して、ゆっくりと話し合う時間も必要でしょう。

 

ただ、本当に学生のことを好き嫌いで注意したりしている人は見直してください。