日本語教師でも日本語は難しい。

教案っていうほどのものではないけれど、ゆるく要点を書いていこうと思います。あとは授業の小話を書いていこうと思います。

同じがいい

自分に対してだけ厳しいとか、あの先生は好き嫌いで態度を変えるとか。

他の人と違うということに腹を立てることもあるでしょう。

実際、真面目な学生といつも寝ている学生に同じ対応をするのは無理です。それこそ不平等ですよね。

 

理由を言う

そこで、叱るにしても、理由も言う必要もあるでしょうね。

はっきりと口に出して言わなければ、どうしても伝わらないこともあります。

どうして注意されているのか、どうして自分の言い分が通らないのか。それを伝えなければお互い納得できないまま終わってしまうでしょう。

理由を説明して叱ったり、褒めるときは褒めたりすることで、ただただ、自分だけが厳しくされているわけではない、みんな同じだと感じてもらうこともできるでしょう。

 

 

同じがいいとか、共感をしたいとか思うのは学生だけではありませんよね。

職員室で自分が何か知らないのがいやだとか。

他の人と違う感覚を持っているのがいやだとか。

その結果、幅広い意味での「かわいい」が使われるのでしょうね。