日本語教師でも日本語は難しい。

教案っていうほどのものではないけれど、ゆるく要点を書いていこうと思います。あとは授業の小話を書いていこうと思います。

学生によって授業もかわる

同じレベル、文法の授業だったとしても、学生によって進み方も変わりますし、同じ教案を何度も使いまわすことはできないんですよね、普通は。

使いまわしている人もいるようですが、クラスの環境が変わっても本当に同じ授業ができるのでしょうか。

 

自分がりたいことを学生にやらせる

もし、何度も同じ教案で授業ができているのであれば、もしかしたら、自分のやりたいことを学生にさせているだけかもしれません。

先生が主役で学生が引き立て役にはなっていないでしょうか。

先生が授業できるように学生がいるわけではありません。

そのときのクラスの状況に合わせた授業をする必要がありますよね。

自分の理想を求めすぎて、学生を見失わないように気をつけましょう。

 

いくら準備した教案であっても、それを強要してはいけませんよね。

学生にとってもそれはストレスになりますから。

授業の主役は学生であるようにしたいですね、