日本語教師でも日本語は難しい。

教案っていうほどのものではないけれど、ゆるく要点を書いていこうと思います。あとは授業の小話を書いていこうと思います。

よくやる学生ほど見落とされる

教室内ではよくやる学生とそうでない学生がいると思います。

みんながみんな一生懸命やるわけではないですよね。

クラスの中でも問題のある学生の名前はよくあがりますが、まじめな学生はわざわざ○○さんはまじめですなんて言うこともあまりないのではないのでしょうか。

 

問題児に気を取られる

クラスを運営するうえで授業の進行の妨げをする人たちを注意する必要があります。

ただ、そこにばかり意識が行ってしまっては本末転倒になってしまいます。

妨害する人の相手ばかりをしてしまって、まじめに授業に参加している人たちにとっては苦痛になっているかもしれません。

注意することも大切ですが、それによってまじめな学生の学習を妨げるのもよくありません。

まじめな学生もどこかで評価してあげなければなりません。

まじめで問題ないので、特にコメントなしではよくないですよね。

 

クラスの問題児の対応も大切ですが、まじめなひとが置いてけぼりにならないように気をつけなければなりませんよね。

しっかりと本人を認める機会も必要でしょう。