日本語教師でも日本語は難しい。

教案っていうほどのものではないけれど、ゆるく要点を書いていこうと思います。あとは授業の小話を書いていこうと思います。

叱られるうちが華

学生の時に叱られてばかりの人は嫌いだから叱るんだろうと考えるかもしれません。

ただ、実際に諦めた学生については授業止めてまで注意したり、授業後時間を取って話したりしません。

そんなに暇があるわけではありません。

それを考えるとやっぱり叱られるうちはいいのではないかと思います。

 

叱られるのは学生だけじゃない

先生だって叱られる?うーん、叱られるのとは違うかもしれませんが、学生から苦情が出ることがあります。

それに対して、落ち込む人や逆切れしている人いろいろな人がいますが、いずれにしても言えることが学生も先生に対して期待ができないとわかると苦情も出なくなります。

それをうまくいったと勘違いして何も成長しない先生もいます。

叱られているうちにしっかりと改善して行かなければなりません。

苦情はなくなったけど、反応はイマイチなんてことはありませんか?