日本語教師でも日本語は難しい。

教案っていうほどのものではないけれど、ゆるく要点を書いていこうと思います。あとは授業の小話を書いていこうと思います。

みんなの日本語 教案 第4課

4課

 

1 今~時~分です。

実際に時計を見ながら、導入して、あとは練習を数こなしましょう。

※時間言い方

・4時→×よんじ ○よじ 7時→×ななじ ○しちじ  9時→×きゅうじ ○くじ)

・分(ふん、ぷん)の言い方の確認。

 

2 ~は~曜日です。

学生のアルバイトや休みなど身近なもので導入しましょう。

一日だけではないときの「~曜日と~曜日です。」の言い方も導入しましょう。

 

3 ~は~時~時までです。

これもアルバイトの時間などを聞くといいでしょう。

そこでこっそり学生のアルバイト事情も掴んでおきましょう。信頼性のあるものかどうかはわかりませんが。

 

4 ~時にVます。

語彙も少ないので、起きます、寝ますを中心に練習すればいいでしょう。

 

5 ~時から~時までVます。

「~から~まで」を動詞といっしょに使うパターンですね。

「からまで」の意味自体はわかっているので、「私は~ます。」という単純な文から膨らませればいいでしょう。

ここでは動詞が入ることで、学生が混乱する可能性があるのでしっかり整理しておきましょう。

特に「休みです」「休みます」

 

6 (毎日/あした/きのう/)Vます/Vました。

時間に関することばとそれに対応する動詞の時制をしっかりと練習しておきましょう。

中級になっても「~ましたか」の質問に対して「~ます」で答える学生もいます。

それと、ここで時間のあとに「に」があるとき、ないときで区別をしておきましょう。

「今~時です。」「~時に起きます。」  

「あした・月曜日(×)働きます」

 

7 Vます/Vません/Vました/Vませんでした。

あした、毎朝、きのう などのことばと結び付けられるよう、練習しましょう。