日本語教師でも日本語は難しい。

教案っていうほどのものではないけれど、ゆるく要点を書いていこうと思います。あとは授業の小話を書いていこうと思います。

一日本語教師

教える場所

三月にもなり、年度末を迎えますね。 twitterが中心となってしまって、更新が滞ってしまいました。 2016年度もまだ終わってはいないのですが、ちょっと新年度のことを考えていました。 今始まったことではないとは思いますが、教師不足に悩む学校も少な…

学生との衝突

学生と教師の間で何かしらのトラブルが起こったりすることもあるでしょう。 頻繁にではないにしろ、衝突はあることと思います。 教師の注意に対して反発する学生もいるでしょう。 そんなときはどうしますか? 怒鳴る 先生に対してなんと言う態度だと言わんば…

距離感

久しぶりの投稿となってしまいましたね。 ふと学生と先生との距離感について考えてみました。 フレンドリーな先生? 学生との距離も非常に近く学生も本音や心配事も気楽に話せる先生として気に入られるかもしれません。 ただ、一歩間違えれば友達としての認…

教案と授業

教案の使い方は人それぞれです。 セリフのカンペのように使う方、やる項目だけを書いて手順確認のために使う方。それぞれの先生方が自分に合った使い方をしているでしょう。 何がいい教案なのか、その答えはないと思います。 内容が素晴らしくても本人が使い…

在留カード不携帯

夏休み中の学校も多いのではないかと思います。 バイトを集中的にやる学生や遊びに出掛ける学生など過ごし方は様々ですね。 どんな過ごし方をしても、安全に過ごしてくれればいいのですが、ただ、在留カードはしっかりと持っていてほしいですね。 近くても必…

わかっていました

授業後の報告で学生が問題なく理解できていたと聞くと、普通は安心するのですが、場合によっては不安しか抱かないこともあります。 どんなときか、一例として3つ挙げてみます。 ・よく理解できていた(よね?きっと) ( )内のことがなんとなく感じられる…

納得いかなくても批判は批判

授業に対する批判を耳にすることがありますが、ときどき、そんなあなたは批判できるほど真面目に授業に臨んでいるのでしょうか?などと考えることがあります。 アルバイトに明け暮れていて、授業中にはまともに参加することもない学生にそんなことは言われた…

その場で一番いい答えを

学生が約束の時間に来ない! 学生対応をしていると、約束を破られるということは少なくないと思います。 その原因としてその場で一番いい答えをしているだけだからです。 例えば、「明日は絶対に10時に来てくださいね」と言われたら、 「はい、わかりました…

本性

いい学生? 授業中は真面目なあの学生が実は暴言ばかり吐いている悪かもしれません。 さすがに母語で話している内容はわかりませんからね。 そこまで把握しろというのは無理ですが、ふとした時にそんなことが発覚することもあります。 そんなことがあったと…

文句

文句ばかり言っていても何にもならないのに文句を言い続ける人っていますよね。 文句は言うけど、かといって自分が何かをするわけでもなく、最悪の場合はほかの人にやらせる。自分の不満を解消するためにほかの人を動かせるなんてすごいですよね。 そのよう…

やさしい

先生は優しいです。 優しい男の人が好き。 優しいということばが幅広く使われていますよね。 ことばのイメージとしてはいいことばでしょう。 ただ、必ずしもそうとは限りませんよね。 先生は優しいです。 優しいというのがどんな意味で使われているのでしょ…

個人 フリーランス

最近どんな業界でもフリーランスということばをよく聞くようになりましたね。 ネットも発達して個人でも何かを始めやすくなったと思います。 ミュージシャンもそうですし、デザイナーもそうです。 どこかに所属することなく活動していくことは無理ではありま…

私ばかり

時間がないときに限って…とか、大切な日に限って…とか。 何かを特別に考えてしまうことってありますよね。 実際には何も特別なことはないかも知れませんが、その人にはそのように思えるのです。 学生にも似たようなことがあるようです。 私ばかり! 自分ばか…

同じがいい

自分に対してだけ厳しいとか、あの先生は好き嫌いで態度を変えるとか。 他の人と違うということに腹を立てることもあるでしょう。 実際、真面目な学生といつも寝ている学生に同じ対応をするのは無理です。それこそ不平等ですよね。 理由を言う そこで、叱る…

まっすぐ

学生の中でとにかくまっすぐな性格で疑問に思ったことをすぐ解決したいとか、教科書すべてのことを覚えようとする人もいますよね。 そのまっすぐさはときに先生を悩ませることもあるかもしれません。 どんな時でも質問攻め、メモばかりしていて次の活動に進…

「すみません」の使いかた

悪いことをしたら、「すみません」とか「ごめんなさい」とか言うと思いますが、しっかりと謝罪の気持ちを伝えるためにはそのことばの使い方にも気を付けなければなりません。 特に謝罪の気持ちが伝わらなかったら、大きな問題になりかねません。 言い過ぎる …

スイーツ

普通に考えたら、「甘いもの」とか「デザート」的な意味なのでしょうか。 詳しいことはよくわかりません。 ただ、スイーツ系女子とかいう言葉も聞きますね。 この間、学生がこれについて質問してきたのでちょっと気になりました。 スイーツ=甘いもの 甘いも…

よくやる学生ほど見落とされる

教室内ではよくやる学生とそうでない学生がいると思います。 みんながみんな一生懸命やるわけではないですよね。 クラスの中でも問題のある学生の名前はよくあがりますが、まじめな学生はわざわざ○○さんはまじめですなんて言うこともあまりないのではないの…

叱られるうちが華

学生の時に叱られてばかりの人は嫌いだから叱るんだろうと考えるかもしれません。 ただ、実際に諦めた学生については授業止めてまで注意したり、授業後時間を取って話したりしません。 そんなに暇があるわけではありません。 それを考えるとやっぱり叱られる…

喫茶「講師室」

講師室には学生の出入りもあり、先生方の準備もするところですから、割とにぎわっているところです。それは構わないと思います。留学生が聞き取れるようにはっきり言うこともあるでしょうから。先生同士の引継ぎもありますよね。 ただ、そんなにぎやかなとこ…

現場の声は届かない

日本語学校によっても違いますが、学校に母体があると思います。 ただ、経営陣と学校の教員とではなかなか理解し合えないこともあります。 現場を知らないことで、平気で無理を言い出すこともあるでしょう。 時間的に無理 授業が終わると同時に呼び出しの電…

理想と現実

日本語教師としての目標や理想を持って、この業界に入ってくる方がほとんどだと思います。 しかし、それによって挫折してしまう方も少なくはありません。 少しずつ状況を把握して適応していく必要もあるでしょう。 大人なのに? クラスの学生はみんな大人な…

悪いところが見つかる。いいところを見つける。

クラスの中で悪い人が目立ったりしますよね。 一度悪い印象になると、他の悪いことも気になってくるんですよね。 そして、悪いことにだけ意識が行くようになって、学期の終わる頃にはネガティブな意見しか出てこないなんてこともあるでしょう。 「褒めるとこ…

となりの芝は青い

他の人の環境って良く見えますよね。 他のクラスだったり、他の学校だったり、いろいろな環境があります。 そして、いつも他の人の環境を羨ましがっている人っていますよね。 かと言って、いざその環境に入ると、また新しい不満が出る。キリがないですね。 …

先生の責任

日本語教師は教員免許がいらないとは言え、教師には変わりありません。 非常勤講師だとしても、その日の授業を任されているわけです。 学生にとっては立派な先生です。 アルバイト感覚で働いていませんか? 「先生って言っても、免許があるわけでもないし」 …

学生思い…?

教師として学生のことを考えるのは当然でしょう。 何も不思議なことはありません。 ただ、学生のことを思っているだけなら、いいのですが、それだけでは済まない人もいるので、注意が必要です。 学生(だけ)思い 学生のことを考えているだけで、ほかの先生…

「のに」退治

日本語学校で働いていると文化の違いや勉強に対する意識の違いでたくさんの「のに」に出会うでしょう。 「こんなに学生のためを考えてやっているのに」 「約束して、時間を空けていたのに」 「こんなに準備したのに」 のにのにのにのに… たくさんの「のに」…

あいさつの魔法

「あいさつ」ってとても大切です。 簡単なことですが、これができないといろいろなところで損をします。 だから、学生にもあいさつの重要性は伝えるようにしています。 さすがに「おはようございます」「こんにちは」も言わないという学生はほとんどいません…

学生の名前を覚えよう

学生の名前と顔がすぐに出てきますか? 学期末にもなって、学生のことが把握できていない先生がいらっしゃいますが、それってどうなんでしょうか。 学生もなかなか先生の名前を覚えないかもしれません。 でも、教師側はしっかり学生を把握する必要があります…